現在位置: ホーム イベント 【配信】 第3回CMSI人材育成シンポジウム 「応用数理と計算科学の連携Ⅱ」

【配信】 第3回CMSI人材育成シンポジウム 「応用数理と計算科学の連携Ⅱ」

作者: 三浦 淳子 — 最終変更 2015年01月26日 10時47分
日時 2015年01月15日
13時30分 から 16時20分 まで
カレンダーに追加 vCal
iCal

【開催要項】

日時:2015年1月15日(木)13:30-16:20 
場所:大阪大学豊中キャンパス文理融合棟305セミナー室(配信元)

※大阪大学(豊中キャンパス)を配信元としてテレビ配信システムを利用した学外のCMSI拠点数か所でも受講が可能な配信セミナーとして実施しますので、最寄りの各拠点(下記の回さ拠点一覧をご参照ください)にてご参加いただくことが可能です。
※事前に参加登録をお願いします。配信セミナーは事前登録のない会場は当日開催しませんのでご注意ください。

<参加申込>


【開催趣旨】

近年新学術領域研究や様々なプロジェクトで、数値解析分野と物理や化学などのアプリ側との連携が増えてきています。最近の計算機が超並列やメニーコアの構成になって、アプリ側が取り組める範囲を超える技術が必要になっています。アプリ側からの数値解析分野への要望というものもあり、そのような要望に応える形で数値解析分野として新しい展開も出てきています。数値解析分野は、アプリ側からするとシーズの宝庫であって、優れたアルゴリズムやソフトがたくさん開発されていると思われますが、まだまだそれらをアプリ側が知る機会は少ないと思います。今回のミニシンポジウムでは、アプリ側と数値解析分野の連携の成功事例の紹介とシーズの紹介という観点で企画しました。ぜひともご参加ください。

〔主催〕
大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター、
計算物質科学イニシアティブ(CMSI)
(文部科学省HPCI戦略プログラム分野2「新物質・エネルギー創成」)

 

【プログラム】

時間タイトルテキスト講師

13:30-13:40

「趣旨説明」 下司雅章
(阪大ナノセンター)
13:40-14:30 「京」での1億原子電子状態計算
~物質科学と数理科学の接点として~
PDF
(23MB)

星健夫
(鳥取大工)

14:30-15:20 固有値計算のニーズとアルゴリズムについて PDF
(0.9KB)
*2015/1/026
data updated
宮田考史、張紹良
(名大工)
15:20-15:30 Break
15:30-16:20 確率的手法を用いた状態密度の並列計算法
Parallel Stochastic Estimation Method
for Computing Density of States
PDF
(5MB)

櫻井鉄也
(筑波大システム情報)

 

【開催場所】

開催拠点会場名定員 注意事項
東北大学
片平キャンパス
金属材料研究所
国際教育研究棟2階セミナー室
20名
産業技術総合研究所 つくば中央第2 D-714-2b 10名

入館時に受付が必要なため、
セミナー当日に、
中央第2の玄関にて
受付をお願いいたします。
受付開始時間は別途ご案内
します。

東京大学
柏キャンパス
物性研究所 A614セミナー室 24名
東京大学
本郷キャンパス

情報基盤センター1F 103
遠隔講義室 (浅野キャンパス)

15名
金沢大学 理工5号館 324A 10名
豊橋技術科学大学 F棟2階 F-207室 30名

 

分子科学研究所 実験棟 512号室 8名
名古屋大学 工学部3号館南棟 2階260室 9名
京都大学 福井謙一記念研究センター
3階 第一セミナー室
16名

大阪大学
豊中キャンパス

文理融合棟305セミナー室 25名
大阪大学
吹田キャンパス
M1棟セミナー室 30名

 

CMSI神戸拠点
(計算科学研究機構 5F)
CMSI神戸拠点 R501 14名

当日、AICS玄関の警備員に
お名前を告げ、入構カードを
お受け取り下さい。


【お問い合わせ】

計算物質科学イニシアティブ事務局
〒277-8581 千葉県柏市柏の葉 5-1-5  
TEL  04(7136)327904(7136)3279 / FAX  04(7136)3441
email adm-office@cms-initiative.jp

固有値計算のニーズとアルゴリズムについて