現在位置: ホーム イベント ポスト京に向けたTCCIインフォーマル研究会

ポスト京に向けたTCCIインフォーマル研究会

作者: 三浦 淳子 — 最終変更 2014年05月14日 15時31分
‐社会的な貢献を考えた計算分子科学の研究課題;5年後を見据えて‐
日時 2014年05月21日
10時00分 から 18時25分 まで
場所 名古屋大学(東山キャンパス)ES総合館 ESホール
カレンダーに追加 vCal
iCal

 

【開催要項】

日時: 2014年5月21日(水) 10:00~18:25頃まで
※5月22日(木)から名大にて開催される理論化学討論会初日の前日に行います
場所: 名古屋大学(東山キャンパス)ES総合館 ESホール 〔アクセス〕
〒464-8603 名古屋市千種区不老町
主催: 分子科学研究所 計算分子科学研究拠点
参加費:無料

 

【開催趣旨】

平成26年度の予算としてポスト京(エクサスケール・コンピュータ)の開発の予算が付き,理研AICSが中心となり開発が始まっております.ポスト京についてもアプリケーションが重要なため,ハードの開発開始と併せて,取り組むべき社会的・科学的課題の選定が始まります.昨今この流れが急速に進んでおり,化学・分子科学の将来においてもきわめて大きな影響を与えると考えられる動きが,国のレベルで進んでいます.
TCCIでは,次世代の研究環境を高いレベルで整備しておくことも一つの役割ではないかと認識しており,組織としての残り2年間にはそれに関わる作業のお手伝いをしておく責任を感じています.それは,次世代の研究者の研究課題やあり方に直接方向性を出す,あるいは,TCCIが調整して研究課題の応募に当たる,などというものでは全くありません(研究課題への応募は各研究者個人あるいはグループで為される方向になるだろうと思われます,それに対してTCCIが何かする,と言うことはありません).先生方と「学生」の研究環境を含めて,研究の「場」は自ら高めていくものであると同時に,TCCIとしては,次世代によってなされるであろう自発的な研究環境の構築のきっかけが提供できればと考えています.
このような考え方に基づき,今回のインフォーマル研究会を行います.日程上,皆様のご都合をお伺いする余裕がなく誠に申し訳ありませんが,是非,ご参加の程よろしくお願い致します.

 

<参加申込 および詳細プログラム>